読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dojou presents petit healing blog

北海道は南富良野町の山奥でたくさんの犬達と暮らす「dojou」のブログです。釣りの様子や犬達の近況など、ムフッと笑えるネタをご紹介していきます。

わんこの近況報告

仔犬 犬達の日々

17日の台風は空知川に今期の最大水量をもたらしまして暫くは仕事になりませんので昨日、今日と留守番をしております。

f:id:hokkaido-adventures:20160819100016j:plain
二週間の行方不明から帰宅して約1ヶ月半。ステラは体重が19.6㎏まで回復して元気です。

 

チコタマ君達はあと2日で7ヶ月になります。

f:id:hokkaido-adventures:20160819103109j:plain
チャンスは体重21㎏ 

f:id:hokkaido-adventures:20160819103618j:plain
マルコ 18㎏ 

この子達はドイツの猟犬、ミュンスターレンダーという 

ラージミュンスターレンダー(Large Munsterlander)~犬種の歴史・特徴・性格から写真・動画まで

犬種に非常に似た犬に(特にマルコとコリン)育ってきました。

f:id:hokkaido-adventures:20160819110536j:plain
タンゴ 21㎏

f:id:hokkaido-adventures:20160819110931j:plain
コリン 17,5㎏

すでに母親のオーラよりは遥かに大きく犬ぞりには25㎏程度には育ってほしいのですが7ヶ月で現体重ですのでメスのコリン以外は大丈夫そうです。

7月13日にコリンの後ろに見える畑の柵内に熊が入ってきてビックリ!!

f:id:hokkaido-adventures:20160819123021j:plain
薄暗い夕方7:00の撮影なのでピンボケです。

f:id:hokkaido-adventures:20160819123130j:plain

f:id:hokkaido-adventures:20160819123217j:plain
犬達に吠えられて熊はすぐに退散しましたが柵って電気も通っているんですが熊には効果ないんですね。熊はその翌日も柵内に入ってきましたが犬に吠えられるのがイヤらしくてすぐに退散、もう二度と入って来なくなりました。

 

そしてまたドラマがありました。

実は育つか自信が無かったので非公開でしたが

f:id:hokkaido-adventures:20160819111429j:plain

f:id:hokkaido-adventures:20160819111502j:plain
仔犬が二頭おります。

家犬ノンちゃんが7月10日に二頭だけを出産。(交尾を誰も見ておりませんが生まれた仔犬の色から父親はショウマに確定)

出産は安産でしたが胎盤等が子宮に残ってしまったようで産後が悪くなり感染症からノンが高熱の発熱で7月16日に入院。

生まれたばかりの仔犬を人工授乳で育てることになったのですが忙しくて色々と世話をするのが大変で乳母を探したらなんとスミレが私が育てますとのことでお任せしました。

f:id:hokkaido-adventures:20160819112305j:plain
お乳は出ませんがお尻の世話をすべてして外で育ててくれたので大助かり。

f:id:hokkaido-adventures:20160819112921j:plain

f:id:hokkaido-adventures:20160819113059j:plain

哺乳びんでの授乳も終わり

f:id:hokkaido-adventures:20160819113200j:plain
無事に離乳も始まりました。

f:id:hokkaido-adventures:20160819113300j:plain

f:id:hokkaido-adventures:20160819113446j:plain

ノンは7月20日に子宮と卵巣の摘出手術(避妊手術)を受けて無事に回復して
22日には退院して今は元気ですが母乳も止まってしまったので仔犬はノンには返さずにスミレが1歳になったばかりの若犬ですが非常に優しい母親として育てております。

f:id:hokkaido-adventures:20160819120321j:plain

f:id:hokkaido-adventures:20160819120514j:plain
リオ(仮名)♂ 4.5㎏

f:id:hokkaido-adventures:20160819120946j:plain

f:id:hokkaido-adventures:20160819121037j:plain
ネイロ(仮名)5.0㎏ ♀

f:id:hokkaido-adventures:20160819121340j:plain
生後40日足らずで5㎏ならもう安心。

最近は若い父さんと涼しい床下で暮らしております。

 

2頭ともに25㎏以上になると思われますが相変わらずの事故出産m(_ _)m

良いご縁があればお譲りしたいと思います。

興味のある方がいらっしゃればご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

今年は大きいぞーー

初めてのサカナ釣りというメニューを最近は毎日行っております。

f:id:hokkaido-adventures:20160803103448j:plain
初めての”、、なんで、お客さまは殆どの方が釣りゲームの上級者?または釣り堀程度の経験か全く釣りをしたことがない方ばかり。 なんですが今年は大きい魚が多い。

f:id:hokkaido-adventures:20160803103817j:plain
ここの川は北海道でも唯一、清流でこの魚が釣れる川です。

魚偏に鬼と書いて幻と読みます。????

f:id:hokkaido-adventures:20160803104526j:plain
小学生から女子高生、ファミリーまで

f:id:hokkaido-adventures:20160803104725j:plain

想像もしていなかった釣果に(*゜д゜*)ビックリ!!!!

お客さんも嬉しいでしょうが私も嬉しい。

 

 幻さん!! 
     毎日美味しい餌を差し上げますんで

         できれば明日も釣られに来て?下さいネ m(._.)m  

 

 因みに昨日、今日は大雨の増水で釣りメニューは中止です。

帰ってきたステラ!!!

仔犬 犬達の日々

どう記事にしたら良いのやらと考えつつ2週間。

  実はこういうことになっていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           探してます!!

               犬が行方不明

2016年6月19日早朝の散歩中に本ゲートから林道に入り込み行方不明

f:id:hokkaido-adventures:20160702204558j:plain

              手前の白黒の犬です。 

 

〇 白黒のポインター似だが雑種 体重22㎏ メス 昨年7月生まれ

〇 首輪に電話番号名前記入リングあり 名前は“ステラ”       

      見かけた方は保護して頂くかお電話を頂けると幸いです。

     北海道アドベンチャーツアーズ  寺田秀三

          TEL 0167−39−7810

             090ーーーーーー寺田

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記は作成した張り紙です。

6月19日 朝ごはん前のいつもの10㎞散歩の時にオーラ、ハルマ、ショーマ、ステラの四頭で林道から山に入り込み行方不明。
オーラは2時間後 ショウマは4時間後 ハルマはなんと4日後に帰ってきました。

何度も林道周回だけですが声かけによる呼び出し捜索は行いましたがステラは行方不明のままでした。

もちろん帰って来たいのだろうが道が分からなくなっているだろう
毛が薄いので天候不順の時に低体温になったか
もう飢えか骨折等の怪我で動けなくなっているかも
熊か雄鹿に殺られたか
川でストレーナーにハマったか(溺れた)

いや、まだ帰ってくる可能性はある! 、、、、、かも。の二週間でしたが。 

なんと14日目     本日、自分で帰ってきました。

f:id:hokkaido-adventures:20160702211102j:plain

22㎏程度だった体重はなんと14㎏に減っていてダニが酷く衰弱していますが怪我はありません。 が、精神的な疲労も大きいようで帰ってからは眠りこけています。

f:id:hokkaido-adventures:20160702211541j:plain
これがほんとの骨と皮。

f:id:hokkaido-adventures:20160702211702j:plain
全く違う犬 

79㎏の私で言えば49㎏になったのと同じ。

果たして何㎞走ってきたのか? 蓄えた筋肉を消費して生き延びたようです。

f:id:hokkaido-adventures:20160702211958j:plain
5月7日撮影 

サイズを変えてないハーフチョーク首輪の遊びでどれほど痩せたかわかりますね。

 

 よーーーく 頑張った!!

   このもとの体格に戻るのに何ヶ月かかるものか。

 

        たぶん、今まで私が生きてきた中で一番 ” 嬉しい日 ”