読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dojou presents petit healing blog

北海道は南富良野町の山奥でたくさんの犬達と暮らす「dojou」のブログです。釣りの様子や犬達の近況など、ムフッと笑えるネタをご紹介していきます。

hat!流 ハーネスブレイク

どういう解釈をすれば良いのか?

犬ぞり用語では子犬を始めて犬ぞりのラインに繋げて走らす事をハーネスブレイクと言います。

よく子犬はハーネスを噛んで破壊してしまうんでハーネス壊し?なんかなー?

誰か知っている人、教えて下さい。 p1080507
シーズン始めの頃のトレーニングは犬の体調(年齢を重ねてしまっているので)を観ながら少なめの頭数で個別の適正を確認します。

集中力のある犬、無い犬、よく引いている犬、全く引かない犬。 もっと速く走りたい、付いて行くのが精一杯、付いて行けてない。 等々を色々と観察しながら走ります。

p1080517
子犬達はその時期にハーネスを着けた状態でロープに繋がないで同行させ、犬ぞりとはなんぞや。 皆は団体で何をしに行っているを認識させます。

p1080516
hat!の子犬は夏からの走り込みで雪が降る前には毎日16㎞の散歩を行っていたので基礎体力は十分。

何日かフリーで同行させ、どちらかと言うとチームの前を走るようになって来たら、ある日途中で突然にラインに繋げます。

p1080563
課題はラインに繋げる事をできるだけ恐怖感を与えないようにしてあげる。 そりを引く事を楽しい遊びのひとつとして理解させる。

突然にスタートから繋がないで、途中でラインに繋げることが大切。 段階的に行うことで恐怖感が和らぎます。

p1080538

p1080534
フィオとダルが後ろから2番目でちゃんと引けています。 先頭をフリーで走っているのはフィオ達と交代した今期、引退ぎみのヤヤ。

p1080543
こうやってトレーニングの途中で何回か繋げるようにしていくと、

p1080545
置き去りにされるのが嫌で、スタートの時に自分から繋がれるようにラインのところにやってきます。

p1080546
ヤンネとノエル。始めてスタートから繋げました。 ヤンネはスタートがまだ恐いようです。

p1080548
と、書けば簡単そうですが非常に根気と時間の要することで

p1080564
繋いだり、外したり、前にやったり、後ろに繋いだりと 深い雪の中。体力的にもかなりしんどいです。

p1080557
先日、ヤンネとふたりで鹿を仕留めた日本一の遊び犬のユパ君。(写真、失敗でよく分かりませんね)

始めてロープに繋いでみました。

中々のもんです。日本初? ソリブリ(ソリ引くブリタニースパニエル)誕生かも。