読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dojou presents petit healing blog

北海道は南富良野町の山奥でたくさんの犬達と暮らす「dojou」のブログです。釣りの様子や犬達の近況など、ムフッと笑えるネタをご紹介していきます。

犬小屋の形

f:id:hokkaido-adventures:20170307044337j:plain
寒冷地の外犬(そり犬)の小屋の形は製作が簡単だというのもありますが屋根が一枚板の平らな形です。この形の重要な役割は雨や雪解け時に、ぬかるんでいないドライな場所の確保で、犬達は繋がれているので地面がぬかるんでいる時には小屋の中と小屋の天井が唯一のくつろげるドライな場所になります。

f:id:hokkaido-adventures:20170307044401j:plain
小屋の床から間口の高さは約20㎝。これ以上高いと湿気がこもって寝藁が濡れてしまって濡れた藁も出し辛く、地面からの高さが低いと雪や雨が簡単に入り込んできて濡れたり凍ったり。また犬の出入りで藁がすぐに無くなってしまいます。

f:id:hokkaido-adventures:20170307044427j:plain
毎日使っていると藁が砕けてどんどん少なくなりますので濡れてしまっているのは全て廃棄して

f:id:hokkaido-adventures:20170307044455j:plain
乾燥した状態の小屋にはそのまま藁を補充してあげます。
補充の頻度は一ヶ月に1、2回程度で最低5㎝程度の厚みを保ってあげます。

f:id:hokkaido-adventures:20170307044547j:plain
藁入れは犬達には楽しみなイベントのようで

f:id:hokkaido-adventures:20170307044645j:plain
それぞれに楽しみにしているようです。

f:id:hokkaido-adventures:20170307044739j:plain
せっかく入れても全て出してしまう遊びが好きな子もいるんですが、藁の補充と天板の除雪、この作業を怠ると犬達が皮膚病から感染症を併発したり、体臭がキツくなったりします。意外かもしれませんが真冬より雪が解け始める今時期からが重要な作業で、これからの季節にこの作業を怠ると犬達の寿命を縮めしまうといっても過言ではありません。

f:id:hokkaido-adventures:20170307044808j:plain
さて昨日は休日で、順番に4ヶ月ぶりのフリー散歩

f:id:hokkaido-adventures:20170307044837j:plain
犬達の遊びはいつも捕まえられない狩りゴッコでウサギ狩りか

f:id:hokkaido-adventures:20170307044903j:plain
カモ探し。

f:id:hokkaido-adventures:20170307044926j:plain
ショウマは息子のリオといつの間にか脱走して鹿狩りをしていたようで

f:id:hokkaido-adventures:20170307044949j:plain
3時間後に血だらけで帰ってきました。(ショウマ、リオは無傷)